塗り替え時の色の選び方

外壁の色を選ぶ際のポイントをお伝えします

外壁は塗装する色によって大きくイメージが変わります。しかし、色の選び方を間違えるとご自身が考えていたのとは異なる結果になることも。こちらのページでは、武蔵野市の外壁塗装業者「武蔵野ペイント倶楽部」が外壁塗装・塗り替えを行う際の色選びのポイントについてご紹介します。

色の選び方3つのポイント

外壁塗装・塗り替えを行う際の色の選び方のポイントは「特徴」「調和」「手順」の3つです。それぞれについて詳しく説明していきましょう。

point1色の持つ「特徴」を知る

色にはそれぞれに「特徴」があり、シチュエーションによって見え方も大きく異なります。カラーサンプルから直感的に選ぶのではなく、以下のような点についてしっかり考えてから選ぶようにしましょう。

見え方が異なるケース
見る時間帯による違い 太陽からの照射量によって色の見え方は大きく異なります。そのため、色をしっかり見定めるには空気が澄んだ朝日が降り注ぐ時間帯に確認すると良いでしょう。
外壁の凹凸や種類よる違い 色のサンプルは紙に印刷されたものです。そのため、実際に外壁に塗った時には鮮やかさが増したり、白っぽい感じに仕上がったりすることがあるので注意しましょう。
面積よる違い

色は塗られる面積によって印象が変わります。明るい色は面積が広がればより明るく見え、暗い色はより暗く見えるもの。それぞれ1ランク明るい/暗い色を選ぶとイメージに近づきます。

汚れの目立ち方や色あせにも注意

あせしやすいというデメリットも。少し地味に感じるかもしれませんが、長期間素敵な外観を保ちたいのであれば落ち着いた色をお選びすることをオススメします。

point2「調和」について考える

外壁塗装は家に素敵な彩りを加えます。しかし、色選びを間違うと周囲の景観を損ねたり、周りの家との相性が悪いと安っぽく見えてしまったりすることも。そこで重要になるのが「調和」です。少なくとも向こう三軒両隣の家の色を見渡し、そこに馴染むような色を選ぶよう心がけてください。また、家だけでなく周囲に木々など植物がある場合は、緑を引き立たせる色を選びましょう。大切なのはご自身の好みではなく、その家や周囲の環境に映える色を選ぶことです。

メインの色との「調和」にもご注意

アクセントを付けるためにそれぞれの部材を外壁とは違う色にしたい、と考える方もいるでしょう。もちろん、コーディネートが上手くいけばすばらしい外観となりますが、少し間違うと全体の統一感が損なわれるケースもあります。そのため、色の種類は多くて2~3色程度に抑えましょう。もし多くなる場合は、同系色の濃淡にまとめることで調和が保たれます。

point2POINT3色選びの「手順」

外壁の色の種類はさまざまです。サンプルだけでも無数に存在するので、その一つひとつを見比べるのは途方もない作業となるでしょう。そのため、まずは”色の系統”を決めることをオススメします。ブルー・ベージュ・ピンク・イエローといった大きなカテゴリーを決めておけば、その後の色選びも楽になります。

最後はカラーシミュレーションでしっかり確認

いくらサンプルから厳選した色であっても、実際に塗装をしてみたらイメージとずいぶん違ったということはよくあるケースです。そのため、パソコンを使ったカラーシミュレーションを必ず行うようにしましょう。特にツートンカラーなど2色以上の塗装をご希望の場合には、塗る面積によってマッチングの印象は大きく異なります。ご自身のイメージ通りになるかをしっかり確認から、色を決定してください。

色調合なら武蔵野ペイント倶楽部にお任せ!

当社代表の池内は、映画やCMなど美術業界の塗装に携わり色調合の腕を磨いた経歴の持ち主です。それぞれの色の持つイメージや組み合わせによる効果など熟知しているので、お客様のご要望をしっかり実現することができます。

その技術力の高さはお客様に加え同業者からもご好評いただいております。中には、色調合だけの依頼を受けることも。また、色見本にないオリジナルカラーを作ってほしいといったご要望をいただいたこともあります。

「色選びを失敗したくない!」「どんな色を選べばよいかわからない……」といったお客様に、最適な色味のご提案をいたしますので、ぜひ当社にお任せください。

当社代表・池内のご挨拶とスタッフ紹介

外壁塗装についての疑問を解決!

  • シリコン・フッ素 塗料の種類
  • 遮熱・耐久性 目的から考える塗料
  • 周辺環境 色の選び方
  • 塗装店・工務店 業者の選び方

お客様からの喜びの声

施工事例一覧